ローカルのチャーチでの挙式。やっぱり本物は厳かで素敵です。

先日はグアムのローカルのチャーチ(教会)での挙式でした。通常の結婚式用のチャペルは結婚式だけに使われるものですが、今回はグアムの地元の人が普段から利用するほ本物のチャーチです。

この日は午前からヘアメイクなどのお支度をスタートし、お昼ごろにロケーションフ撮影、夕方にチャーチで挙式、そしてサンセットタイムからディナーという、丸っと一日ウェディングに使う贅沢なスケジュールでした。

しかしお支度中、雲行きが怪しくスコールが降ったり止んだり。空も青空が見えたり曇ったり。こんな切り替わりの早い天気は日本ではなかなか体験できませんが、グアムでは結構日常だったりします。

ロケーションフォトはイパオビーチパークで行う予定でしたので、そこへ向かう途中、またまたスコールが凄まじい勢いで降り出します。

新郎新婦様は「これじゃあロケーションフォトできませんね…」ととても気を落としますが、私は「大丈夫、たぶん出来ますよ♪」と、イパオビーチパークの駐車場で少し待つことをご提案。

すると10分ほどで、雨が止みました。最近はグアムの雲の動きを読むことも出来るようになってきまして、今なら少しだけでも撮影できると思い、急いでビーチに出ましたが、結局その後はどんどん天気も明るくなり、良いロケーションフォトが撮影できました♪

南国は天気が変わりやすいため、ビーチでのロケーション撮影や挙式を希望される新郎新婦様は雨の心配の相談をよくされます。しかし一方で変わりやすい面を利用して上手に付き合っていくことも可能なのです。

そして少し休憩をして、ホテルからローカルのチャーチへ出発です。しかし、あれ以来もう雨は降らないようです。本当にグアムの天気の優柔不断さには参りますね… 天気予報も120%当たりません(笑)

いよいよ挙式です。シンガーの美しい歌声が高い天井に響き渡って素晴らしい空気を醸し出し、お二人を迎え入れました。

結婚式あるあるで、指輪がなかなか入らないというアクシデントもありましたが、それもご愛嬌。お二人いわく「普段泣いたりしない」ご家族から涙が見られました。

挙式後はフラワーシャワーと記念撮影を行い、ディナーのレストランへ移動です。レストランは空港近くの高台にある「Papa’s(パパス)」です。

以前ご紹介させて頂いたレストランです。

グアムに新しいウェディングロケーション!

とっても夜景が美しいレストランです。繁華街のタモンが一望できます。

お料理もこんな感じで素敵です。

そしてボリューミーです!

ディナー中、おじさまの生演奏BGMがとても素敵でした。最後にはお二人に特別な歌を歌ってくれました。

御食事を終えてレストランを出ると、パラパラと雨が。空もお二人のためにずっと我慢してくれていたようです。

結婚式は本当に奇跡が起こりやすいです。